クリップライトを設置したらテーブルがパッと明るくなった

母子家庭、母娘二人暮らしの現在の我が家の間取りはこちら↓

母子家庭の間取りを大公開 窓際に机を設置しています。

お天気の良い日中は明るくて問題ないのですが、
夜になると、手元が暗い問題が発生。

電気に背を向けているので、自分で影を作ってしまっているのです。

夕飯の時

animo

ちょっと暗いねぇ(笑
暗くて魚の骨が見えないんだけど!

と繰り返すこと多々。
(※)暗くて勉強ができないと言われたことはありません。不思議。

机の向きが問題なわけですが、
窓向きスタイルが結構気に入っているので、やめたくない!

照明を置くと机が狭くなるし・・・

そんな問題を解決スべく
クリップライトを設置してみました。

 

ヤザワのクリップライトを購入

選んだ商品はこちら(CLLE03N07WH)です。

参考 3WクリップライトYAZAWA Corporation

クリップライトとはその名の通り、電気とクリップが一体化しており、挟んで設置する形状のライトです。

ビッグカメラでお値段2,138円(税込)。
私はポイントで購入しました!

決めてはコンパクト、シンプル。
+子どもがオン・オフするので、スイッチ式であること。
(照明の後ろ(上)をひねるタイプだと、熱くなって危険)

小さいけれど結構明るいです。
むしろ眩しいので、向きを外側へ向けて調整しています。

注意点

  • コードが1.6mと短いので、設置場所によっては延長コードが必要。
  • くわえ幅(クリップで挟める幅)は25mmなので、挟む対象の幅を計測してから。
  • オンオフスイッチは本体から50cmほど離れた距離。

LED電球の取り替えは不可ですが、設計寿命は約40,000時間。
一日5時間利用したとして、8,000日=21年。
というこで、その点は問題なし。

消費電力は4W。
1日5時間利用したとして、
4[W]/1000×5[時間]×25[円]=1[円]

1日あたり1円です=一月で電気代が30円上がるかどうか。
これは良いですね。

参考 消費電力を計算してみようタイナビSwitch

クリップライトをデスクライトに

実際に設置した様子がこちらです。

外壁補修中で枠が(笑

わかりずらいですね。

電気をつけてみました。

ものすごい省スペースで手元が明るくなりました!
真っ暗の中でも本が読めるぐらい明るいので、
天井電気のプラスアルファとしては十分。

節約中&モノを減らしたい最中ですが、暮らしの中の不便は解決していきたいです。
その兼ね合いが難しいところ。
バランスを大切に、日々試行錯誤です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください