刺繍作家 蓬莱和歌子さんの魅力

蓬莱和歌子さんとは?

Rairaiという作家名で活動されている蓬莱さん。
難しい漢字ですが「ホウライ」と読みます。

兵庫県出身。現在は京都にご在住だとか。

京都市立芸術大学工芸科染織専攻を卒業後、
本格的に衣服の制作を開始するにあたり、星が丘洋裁学校へ通われたそうです。

2009年にRairaiとして被服制作を開始。
2011年より手刺繍を施した洋服、刺繍小物の制作へと活動の幅を広げられました。

長年に渡り、布と糸に触れられているのですね。
生地と糸のバランスの美しさ、洗練された刺繍小物のデザインにも納得です。

現在は刺繍のワークショップも開催されています。

詳しい蓬莱さんのプロフィールはこちら↓

参考 About RairaiRairai handmade clothes

 

蓬莱和歌子さんの作風

私の中では蓬莱さんといえば「つけ襟」。
少女のような可憐な雰囲気を持つ「つけ襟」は実際自分が身につけられるかどうかは別にして(笑)、憧れの的。

Rairaiさん(@rairai_ws)がシェアした投稿

Rairaiさん(@rairai_ws)がシェアした投稿

そして色とりどりの花々。
一つ一つ異なる表情を持つ小花を組み合わせて、繊細に作り上げていきます。

Rairaiさん(@rairai_ws)がシェアした投稿

一つの作品に多くの色が使われており、その配色は落ち着いたものが多い印象です。
派手すぎず、地味にならない「上品」という言葉がぴったり。

Rairaiさん(@rairai_ws)がシェアした投稿

蓬莱和歌子さんのここが好き!

刺繍を自分の身に付けるものに取り入れるのはハードルが高いですよね?

そこまでナチュラルテイストの洋服持っていないし似合わない!
(↑私です)

蓬莱さんの刺繍は「さりげない」から、刺繍が主張しすぎないのです。
それなのに、「可憐さ」がプラスされる。

Rairaiさん(@rairai_ws)がシェアした投稿

こんな女の子でありたいなと思わせてくれる作品ばかりです。

 

書籍に掲載されているモチーフ一つ一つはとても小さいので、「ちょっとだけ刺繍をしてみたい」という人にもオススメ。

難しいステッチを使用していないものがほとんどなので、刺繍初心者さんにもぴったりだと思います!

 

Rairaiさん(@rairai_ws)がシェアした投稿

蓬莱和歌子さんの著書

2018年4月時点での著者は3冊です。

「大人の花刺繍」2018/4/28発売

新刊情報はこちらにまとめています↓

大人の花刺繍レビュー【蓬莱和歌子】大人の花刺繍 レビュー

「 刺繍で綴る日々の装い」2017/11/17発売

この本から私も小花柄のサンプラーを↓

「 刺繍で綴る日々の装い」より小花柄のサンプラー

 「装う刺繍 身につける刺繍」2016/10/28発売

「装う刺繍 身につける刺繍」の情報はこちらにまとめています↓

【蓬莱和歌子】装う刺繍 身につける刺繍 レビュー

同じ図案で、野の花のサンプラーを私も刺しました↓

「装う刺繍身につける刺繍」より野の花のサンプラー

 

蓬莱和歌子さんの公式情報はこちらから

公式HP

参考 Rairai handmade clothesatelier Rairai

インスタグラム

参考 rairai_wsInstagram

 

animo

気軽に繊細な花の刺繍に挑戦してみたい方には、蓬莱和歌子さんの図案をオススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください