【簡単】口紐なしお弁当袋の作り方

お弁当袋の作り方

久々に娘のお弁当袋を新調しました。

巾着タイプは紐通し部分が乾きにくいので、紐を通さないタイプのお弁当袋を作りました。

紐なしお弁当袋

 

シンプルな袋に、結ぶ用のリボン紐が付いているだけの簡単な構造。

 

袋の口を軽く内側に折りたたんで、リボン紐を結ぶとコロンと可愛らしい佇まいに。

 

animo

あえてマチをつけないことで、アイロンし易い&たたみ易いのがポイントです!

 

 

紐なし簡単お弁当袋の作り方

材料

  • 袋の表布 1枚
    (横24cm×縦32cm 縫い代1cm込)
  • 袋の裏布 1枚
    (横24cm×縦32cm 縫い代1cm込)
  • リボン紐布 2枚
    (幅10cm×長さ52cm 縫い代1cm込)

横14cm×縦9cm×高さ6.5cmのお弁当箱にちょうどよいサイズで作っています。

お弁当箱のサイズによって袋のサイズを調整してみてくださいね

 

柔らかめのコットン素材で作ると、1回結びでもほどけません。

心配な場合は2回結べるように、リボン紐を長くして下さい

※リボン紐の幅が広いため、布が厚いと結びづらい可能性大です。

 




 

 

お弁当袋、作り方工程

①リボン紐を作る

リボン紐を中表に合わせ、返し口を残して周囲をぐるっと縫います。

リボン紐を中表に

 

一周縫い終わった状態です。

 

返し口から表に返し、口をまつり縫いで閉じ、アイロンで押さえます。

好みで周囲に抑えミシンを掛けます。

 

 

②表布にリボン紐を縫い付ける

表布の「表」側に①で作ったリボン紐を縦横中央になるように置きます。

表布の布端から8cmの部分(下図の赤線箇所)をミシンで縫い付けます。

 

③表布と裏布を袋状に縫い合わせる

リボン紐を折りたたみ、

 

中表に裏布を置きなおします。

 

両端を縫い代1cmで縫い合わせます。

 

↑で縫い合わせた両側が真ん中で重なるように置きます。

返し口を残して、両端を縫います。

 

④表に返して完成

表に返し、返し口をまつれば完成です。

 

 

小さめの一段弁当箱を入れたものが手前。

小さい分にはこの袋の大きさでも大丈夫だと思います!

 

同布でランチョンマットも作ってみました。

 

 

簡単で可愛らしいリボンタイプのお弁当袋です。

自分好みorお子様好みの布で是非作ってみて下さい!

 

animo

お弁当作りも頑張りましょう〜!

 

不明点などありましたら、コメント欄よりお知らせください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください