チェーンステッチで面をキレイに埋めたい!【動画】

チェーンステッチで面を埋めるコツ

以前、チェーンステッチのコツをご紹介しましたが

【チェーンステッチのコツ】直線・円・角の刺し方・面の埋め方

今回は、「面を埋める」に焦点を当てたいと思います。

 

「チェーンステッチで面を埋める」と言って思い出す図案は・・・

樋口愉美子さんではないでしょうか。

樋口愉美子さんの図案で、チェーンステッチがうまく行かない!と悩んでいる方にもオススメの記事です。

 

チェーンステッチで面を埋めるときに気をつけたいポイント

チェーンステッチで面を埋める

 

①チェーンステッチの大きさ

普段チェーンステッチで刺繍する時には、図案に合わせて大きめに刺したり、細かめに刺したり、あまり糸をひきすぎないようにフンワリさせたりと調整します。
面を埋める時は、チェーンの中の布がぎりぎり見えないかな?というサイズが良いと思います。
糸をきつく引っ張ってチェーンの中を見えないようにするのではなく、ふんわりさせながらもチェーンの中が見えないぐらいのサイズで刺繍をするのがポイントです。
この3パターンだと、私は真ん中ぐらいで刺繍しています。(2本どり、縦2.5cm)

面を埋めるときのチェーンステッチの大きさ

 

チェーンのサイズを揃えることも大切です。

サイズが揃っていると、規則的でなめらかな表面に仕上がります。

 

②チェーンステッチで面を埋めるときの向き

チェーンステッチで面を埋めるときには、まず輪郭を刺繍し、内部を外側から埋めていきます。

円形を埋めるときには、まず外周をチェーンステッチで刺繍した後、内部を円または渦巻で埋めていきます。

チェーンステッチで円を埋める

 

角のある図形を埋める場合も、同様に外側から埋めていきます。

特に外周を刺繍する際には、角がしっかりと出るように刺繍します。

チェーンステッチで三角を埋める

 

③チェーン同士の間隔

チェーンステッチ同士の間隔

チェーンステッチ同士の間隔は、

・チェーンが潰れて窮屈にならないように

・隣り合うチェーンの隙間が空かないように

の両方を満たしたいです。

 

まず外周を刺繍した後、自分のチェーンステッチの半分の幅 間隔を開けて、次の列のチェーンステッチを刺していきます。

 

MEMO
曲線を埋める場合に局所的に隙間が空いてしまったら、最後にストレートステッチで埋めるという手段もあります!

 

チェーンステッチで面を埋める〜動画で解説

 

記事・動画で紹介したテディベアの図案

動画に掲載してるテディベアの刺繍は、樋口愉美子さんの「樋口愉美子の動物刺繍」に掲載されている図案です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

樋口愉美子の動物刺繍 [ 樋口 愉美子 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/1/24時点)

楽天で購入

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください