日本手芸普及協会「刺しゅう講座」に2019年通信制が登場!

日本手芸普及協会 通信講座 刺しゅう

刺繍講師の資格が取得できる2大スクールといえば

  • 日本手芸普及協会(ヴォーグ学園)
  • 戸塚刺繍

がありますが、日本手芸普及協会の刺しゅう部門に2019年1月通信講座が登場しました

 

刺繍を体系的に、本格的に習ってみたいけれど、

  • 毎週決まった曜日・時間の予定を空けられない
  • 平日は仕事で通えない
  • 自分のペースで進めたい

など、スクール通いには一歩踏み出せなかった方も、通信講座なら自分の好きな時間に取り組むことができますね。

 

ここでは、

  • 教室に通うのと、通信講座では費用に違いがあるの?
  • 通信講座で細かい技法まで習得できるの?

についてまとめていきます。

 

2019年5月時点で開講しているのは、3コースあるうちの「ステッチ100」のみ。

2019年1月に本科、2019年3月に高等科、2019年6月に講師科が開講。

「区限刺しゅう」コースと「白糸刺しゅう」コースも2019年に開講予定とのことです。

 

日本手芸普及協会とは

  • ニット部門
  • 刺しゅう部門
  • レース部門
  • キルト部門
  • ペイント部門
  • 手織り部門
  • レザークラフト部門
  • カリグラフィー部門
  • ホームソーイング部門
  • 押し花部門

など、ハンドメイドに関する様々な講座を開き、手芸に関する知識および技術の向上、指導者の育成を行っている団体です。

日本手芸普及協会の会員(指導者)または登録教室で所定のカリキュラムを学び、講師資格を取得すると、講師として活動することができます

ただし、日本手芸普及協会のカリキュラムを教える教室を開くためには、講師認定証を取得したうえで、別途日本手芸普及協会の入会が必要になります。お金ですね(笑)

 

登録教室は協会に電話をすることで確認可能ですが、刺しゅうでは「ヴォーグ学園」が有名です。

※インターネットに協会の教室情報は掲載されていません(2019年5月時点)。

 

日本手芸普及協会の刺しゅう部門カリキュラム

刺しゅう部門は、技法と習熟度に分かれて、それぞれコースが設定されています。

日本手芸普及協会プログラム

(画像copyright : 日本手芸普及協会

 

区限刺しゅう
布地の織り糸をカウントしながら刺し、パターンを作っていきます。

  • クロスステッチ
  • キャンバスワーク
  • ブラックワーク
  • スウェーデン刺しゅう
  • アッシジ刺しゅう
  • こぎん刺しゅう
  • ハーダンガーワーク
  • オリエンタルステッチ
  • ミラーワーク
  • インターレーシングステッチ
  • プチポアン

を学んでいきます。

白糸刺しゅう
白布に白糸で刺す刺しゅうの総称で、歴史も古く、生活雑貨に最も多く使われている刺しゅうです。織り物の縁どりなど、上品で清楚な日用品を生み出します。

  • ハーダンガーワーク
  • ドロンワーク
  • カットワーク
  • シャドーワーク
  • アジュール刺しゅう
  • シュバルム刺しゅう
  • サテンステッチ
  • ヒーダボー刺しゅう

などの技法を学びます

ステッチ100
  • 色糸を使うフランス刺しゅう
  • リボンを糸として使用するリボン刺しゅう
  • ビーズをあしらうビーズ刺しゅう布を寄せるスモッキング刺しゅう
  • 立体的に刺すレイズドワーク

など、代表的な技法を学びます。

 

3つの技法別に、「本科」→「高等科」→「講師科」→「指導員」のコースにわかれており、1つの技法で1つのコースを終了すると、同じ技法の上位コースに進むことができます。

3コースすべての指導員コースを修了すると、「師範養成講座」と「指導者のためのアドバンスプログラム」に取り組むことができ、刺しゅう部門最高位の「刺しゅう師範」の資格取得となります。

もちろん、学ぶ技法は1つでもOK! その場合、最高位は「指導員」ということになりますね。

 

修了申請料が必要!
各講座の受講料とは別に、課程が終了するたびに申請料を納めることで「資格取得」となります。
  • 本科 3,000円
  • 高等科 5,000円
  • 講師科 10,000円
  • 指導員 20,000円

年会費ではなく、納めるのは1回。

 

通信講座でどうやって刺しゅうを教わるの?

特徴① 動画指導とわかりやすいイラスト教材

スマートフォンやタブレットのアプリで視聴可能な動画は、手元の様子をしっかり確認できます。

時間を選ばず何度も繰り返し視聴できるので、安心ですね。

テキストは初心者の方でも安心して学べるよう、イラストで詳しく説明されています。

 

特徴② 質問もできる!

わからないことはアプリでいつでも質問できます。

 

特徴③ 作品の添削は写真で

つくった作品は写真を撮ってアプリで提出、丁寧な指導が受けられます。

待ち時間が少ないので、学習がはかどります。

 

特徴④ 信頼のカリキュラムと指導

通学と変わらない伝統のカリキュラムを受けることができます。

指導は日本手芸普及協会登録の講師が担当し、通学同様資格も取得可能です。

 




 

 

ヴォーグ学園 <費用と期間>

費用

2019年5月時点で発表されている金額です。

ステッチ100 区限刺しゅう 白糸刺しゅう
本科 税抜35,000円
(税込37,800円) ※ステッチ100と区限あわせて
税抜35,000円
(税込37,800円)
本科申請料 3,000円 3,000円 3,000円
高等科 税抜35,000円
(税込37,800円)
税抜35,000円
(税込37,800円)
税抜35,000円
(税込37,800円)
高等科申請料 5,000円 5,000円 5,000円
講師科 税抜35,000円
(税込37,800円)
税抜35,000円
(税込37,800円)
税抜35,000円
(税込37,800円)
講師科申請料 10,000円 10,000円 10,000円
指導員 税込100,000円 + 教材費3,000~5,000円/月 × 8回
(3部門あわせて取得の場合)
指導員申請料 20,000円 20,000円 20,000円

指導員コースは、不定期で年度ごとに募集されています。

2018年度は東京では2018年10月から2019年8月までの8回のコース。

2018年第6次 刺しゅう指導員養成講座 案内

 

期間

ステッチ100 区限刺しゅう 白糸刺しゅう
本科 2.5h × 10回
※ステッチ100と区限あわせて6ヶ月
2.5h × 10回
(6ヶ月)
高等科 2.5h × 10回
(6ヶ月)
2.5h × 10回
(6ヶ月)
2.5h × 10回
(6ヶ月)
講師科 2.5h × 10回
(6ヶ月)
2.5h × 10回
(6ヶ月)
2.5h × 10回
(6ヶ月)
指導員 月1回の講座 × 8回

 

ヴォーグ学園 刺しゅう講座

 

通信講座 <費用と期間>

費用

2019年5月時点で発表されている金額です。

価格には、受講料(アプリ配信・テキスト・期間中のQ&A及び4作品添削採点料)と教材費(作品材料、用具一式)が含まれます。

ステッチ100 区限刺しゅう 白糸刺しゅう
本科 税抜34,800円
(税込37,584円)
未発表  未発表
本科申請料 3,000円 3,000円 3,000円
高等科 税抜36,600円
(税込39,528円)
 未発表  未発表
高等科申請料 5,000円 5,000円 5,000円
講師科 税抜36,600円
(税込39,528円)
 未発表  未発表
講師科申請料 10,000円 10,000円 10,000円
指導員 税込100,000円 + 教材費3,000~5,000円/月 × 8回
(3部門あわせて取得の場合)
指導員申請料 20,000円 20,000円 20,000円

※指導員はヴォーグ学園同様、日本手芸普及協会が主催、不定期で開催されてるようです。

 

ステッチ100と区限刺しゅうの本科コースに限り、ヴォーグ学園は合算受講金額なので、断然通学がお得。

その他は通学と比較すると、やや高い値段が設定されていますが、送料も含まれているので、交通費を思えば同じぐらいでしょうか?

 

期間

ステッチ100 区限刺しゅう 白糸刺しゅう
本科 6ヶ月
(アプリ配信期間 : 8ヶ月)
未発表 未発表
高等科 8ヶ月
(アプリ配信期間 : 8ヶ月)
未発表 未発表
講師科 8ヶ月
(アプリ配信期間 : 8ヶ月)
未発表 未発表
指導員 月1回の講座 × 8回

余裕をもった期間が設定されています。

 

自由度の高さは抜群!

仕事をしながら、子育てをしながら、通信講座はいつでも好きな時間に取り組めるの魅力。

 

私はしっかり基礎から刺しゅうを学んでみたいと思い、「ステッチ100 本科コース」を申し込んでみました。

教材が届くのが待ち遠しいです。

 

日本手芸普及協会 通信講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください