PCインナーケースを自作しよう!

デザイン&価格でピンと来るPCインナーケースが見つからなかったので、
自分で作ってしまおう!と決意。

MacBook12インチのインナーケースをフェルトを使用して自作したら、
なかなか良い感じに仕上がったので

簡単&低コストでジャストフィットなインナーケースの作り方をご紹介します!

市販のインナーケースを探してみました

MacBookを購入して一週間・・・

animo

そろそろ一緒にお出かけしてカフェで作業も出来るようにしたい!

MacBookAirではなく、MacBookを購入したのは、
そのためと言っても過言ではありません。

そこで鞄にしまう際、本体が傷付かないようインナーケースを探し始めました。

インナーケースに求めるポイント

  • 外出頻度は高くないので、高額なものは不要。
  • せっかくMacBookが12インチと小&薄型なので、ケース自体も嵩張らずフィットするものがいい。
  • シンプルなものがいい。
  • 電源ケーブルも収納できればベター。

13インチのインナーケースはたくさんあるのに、12インチのインナーケースは少ない!

インナーケースはフェルト製か、革(合皮含)製が多い印象。

フェルトなら自分で材料を購入して作れるのでは?と思い、理想のインナーケースの自作を決意しました。

材料を買いに行こう

ユザワヤ(大手手芸用品店)へ足を運びました。

用意するもの

  • フェルト 110cm幅×35cm
  • フェルトと同色の糸
  • 周りをステッチしたい場合は刺繍糸

フェルトは資材コーナーに有ります。
20cm×20cmにカットされたものではなく、反物を探しましょう

フェルトの反。お値段は980円/m (税抜き)

MacBookは長辺が30cm弱なので、今回は35cmあれば十分です。
30cmカットをお願いすると、だいたい33~37cmの間でカットしてくれます。
不安な方は40cmでお願いすると良いかもしれませんね。

ギリギリで大丈夫なはず!と私は30cmを317円で購入。

フェルト以外は、縫い合わせる糸(ミシン糸でも手縫い糸でも)があればOKです。
まわりにステッチをしたかったので、フェルトと同色のミシン糸+刺繍糸を用意しました。

PCインナーケースの作り方

手順は簡単4ステップです。

【手順1】 フェルトをカットする

裏紙やチラシなどで型紙を作ります(縫い代込みで縦30.5cm×横22.5cm)。
フェルトは周囲がほつれることはないので、縫い代は少なめです。

購入したフェルト110cm×30cmを半分に折り、型紙を重ねて型紙サイズのフェルト4枚をカットします。

※フェルトが薄いので、2枚を重ねて1枚分にします。

同じサイズのフェルトを4枚カットしました。

【手順2】 口部分を縫い合わせる

2枚を1枚に貼り合わせるため、短辺の一方をそれぞれ縫い合わせます。

ミシンでも手縫いでも。できるだけギリギリを縫うと、おさまりが良いです。

口部分に刺繍糸で「ブランケットステッチ」をしました。
(見た目重視のため、やらなくてもOKです。)
先程縫い合わせたラインに重ねてステッチしていきます。

【手順3】 必要があればポケットを付ける

ポケットを付ける人は、この時点でポケットを縫い付けましょう。
余ったフェルトがちょうど電源ケーブルを入れるサイズになりそうだったので、片面の表側にフェルトを縫い付けました。
(縦17cm×横15.5cm) ⇛こちもフェルト2枚重ね。

ポケットのついている2枚重ねのフェルトと、ついていない2枚重ねのフェルトが完成しました。
(口部分以外は剥がれる状態です)

【手順4】 周囲を縫い合わせる

周囲をぴったり合わせて、口以外の部分を縫い合わせます。
縫い代は1cm程度。

縫えました。
縫い代部分はぎりぎりにカットしてもOK。

念のためこの時点でMacBookが入るか、カバーがゆるすぎないか確認してください。
ゆるい場合は、今縫い合わせた少し内側をさらに塗ってしまえばOK。
入らない場合は残念ですがほどいて、もう一度ぎりぎりのラインを縫いましょう。

気が向いたら口部分以外の周囲にもブランケットステッチをしましょう。
やらなくても問題ないですが、フェルト4枚分のモサモサした感じがなくなり、まとまりが出ます。
(左半分がブランケットステッチ済み、右が切りっぱなし)

以上で完成です。

完成品披露

無事にできあがりました。
周囲のステッチに時間がかかったので(笑)3時間ぐらいかかりました。

12インチMacBookがぴったり収まります。

電源ケーブルも入れてみましょう。


animo

317円で想像通りのMacBookインナーケースが出来上がって嬉しい!

鞄に入れても必要以上にかさばりません。

これからインナーケースにMacBookを入れて、ガンガンお出かけしたいと思います!

これは!というインナーケースが見つからない方は、ご自身で作ってみてはいかがでしょうか。
何か不明点があれば、ご質問お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください