【刺繍のコツ】レゼーデージーステッチの花が丸くならない!を解決

レゼーデージーステッチで花刺繍

レゼーデージーステッチでまるい花を刺繍すると、「まるく」刺したつもりなのに、なんだかイビツに…という経験はありませんか?

本のとおりに図案を写し、図案通りに刺繍をしたはずなの丸くならない。

 

図案写しの際に1本ラインを追加すると、そのお悩みが解決します!

ぜひ試してみてください。

最後に動画へのリンクもあります!

 

図案を写すポイント

通常の本などに掲載されているとおりに図案を写すと、放射状のラインだけだと思います。

これをしっかり布に写していざ刺繍!と思うわけですが、地味に線の端が曖昧なんですよね。

レゼーデージーステッチ図案写し

そこで!

円形の花を刺繍する場合は、レゼーデージーステッチの先端部分(針を出す部分)にまるいラインを引いてしまいましょう。

 

これだけで、針を出す位置が「超」明確になるので、外周ラインの仕上がりが美しくなります。

 

外周ラインを入れる場合と入れない場合の仕上がりのちがい

レゼーデージーステッチでお花を刺繍するコツ

「まるさ」が違うのおわかり頂けますでしょうか?!

長さが同じだと、糸の引き具合も同じになりやすいんです。

 

レゼーデージーステッチ花アレンジ

レゼーデージーステッチ花アレンジ

レゼーデージーステッチの中にストレートステッチを入れると、より花びら感が増します。

さらにストレートステッチの色を変えるとまた可愛らしい雰囲気に♪

 

また、楕円にするとちょっと上級者風に♪

楕円の際も外周ラインを入れて刺繍すると、バチッと決まりますよ。

 

動画にまとめていますので、よければ御覧ください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください