いろんな葉っぱ〜ステッチ練習

西須久子さんの「刺繍教室」を参考に、久々に色々なステッチに挑戦しています。

自分で図案を考えると、どうしても同じステッチを使いがち・・・
普段使わないステッチはやっぱり整って刺せません(TT)

たくさんのステッチを上手に使いこなせるようになりたい!と刺繍本からのステッチも定期的に取り入れていきたいと思っています。

7つのステッチを使って同じ葉っぱを刺繍

左から

  • リーフステッチ
  • バックステッチ
  • フィッシュボーンステッチ
  • レーゼーテージーステッチ
  • サテンステッチ
  • チェーンステッチ
  • ヘリンボーンステッチ
です。

一番左、フィッシュボーンステッチ。
ほとんど刺したことがないので、難しかったです。中央がウネウネ曲がってしまいました(泣)

中央から針を出す位置が難しい!
糸間隔とのバランスでしょうか。
これだけで色々挑戦してみたいなー。

 

同じくリーフステッチも中央線がガタガタです。。。間隔を広げるとまた雰囲気も違いそうですね。

長めのチェーンステッチ、これ新鮮じゃないでしょうか?
書籍では小さめの葉で使用していましたが、大きめの葉っぱでも良いかも。糸の引き具合を統一するのが難しいかな〜。

 

ヘリンボーンステッチも散々です(泣笑

書籍ではもっと細い葉で、糸間隔をきゅっと詰めて刺していました。これも大いに修行が必要そうです。

 

刺繍技術、もっともっと習得していかなければ!と再認識できました。

 

これらを含めた葉っぱの刺繍で、大きな一枚の葉にして、ポーチに仕立てました。

いろんな葉っぱの刺繍→理想のポーチ作り

 




 

 

参考書籍

初めて西須久子さんの書籍を手に取りました。

シンプルに見える花の図案が多いのですが、色々なテクニックが使われています。
これ1冊刺したら、技術あがりそうです。

created by Rinker
¥1,404 (2019/04/26 09:33:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

白糸刺繍やドロンワークの本も出されているんですね。
一時ドロンワークはまっていたな〜

created by Rinker
¥1,620 (2019/04/26 09:33:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,620 (2019/04/26 09:33:56時点 Amazon調べ-詳細)

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください