リボン刺繍「ストレートステッチ」で花を刺すコツ

リボン刺繍のコツ

リボン刺繍のストレートステッチは、刺す方向や糸の引き具合によって見え方が異なってきます。

ストレートステッチ1つで多彩な花を作ることができるのが醍醐味!

 

今回はストレートステッチだけで仕上げる花の刺し方①をご紹介します。

 

リボン刺繍 ストレートステッチのやり方

リボン刺繍のストレートステッチには、2通りの方法があります。

  1. 布裏から表に向けて針を出して、少し先に針を刺す(通常の刺しゅう糸と同じ)
  2. 布裏から表に向けて針を出して、少し先でリボンの上から針を刺す

花びらにしたい場合、②の手法を使う方が多いのではないでしょうか。

 

②の手法で実際にストレートステッチをした写真を掲載します。左から右に進みます。

リボン刺繍 ストレートステッチ やり方

最後の糸の引き具合&たるませ具合により、雰囲気が変わるのがリボン刺繍ならでは。

 

注意
布裏から表に針を出し、リボンを引いた時、根本が捻れないように調整すると、仕上がりが美しくなります。進みたい方向に一旦リボンを倒し、根本が理想的な形になっていることを確認しましょう。

リボン刺繍注意点




 

リボン刺繍 ストレートステッチで花を作る方法

同じストレートステッチでも、密度や刺す方向、引き具合の違いにより、下の写真のように様々な花を作ることが出来ます。

リボン刺繍のストレートステッチ

 

外から内に向かって刺す

以下の写真はすべて、円周上から中心に向かって刺した花です。

  • ①・②は直径18mmの円(内円は直径5mm)
  • ③・④は直径15mmの円

※3.5mm幅のリボンを使用

リボン刺繍のストレートステッチ

①②④はゆるめにリボンを引き(ふんわり浮くように少したるませています)、③はリボンが浮かない程度&ヨレない程度にきつめにリボンを引いています。

③と④は花びらの枚数は同じですが、すっきりした印象の③に対して、柔らかい印象の④となります。

 

密度(花びらの枚数)

①>②>③=④

 

リボンを引く力

③>①=②=④

 

内から外に向かって刺す

⑤⑥は内側から外側に向かって刺しています。花びらの先を尖らせたいので少しきつめにリボンを引きました。

「きつめ」と言っても、リボンの平らな部分が残る程度です。強く引きすぎると、リボンが丸まります。

  • ⑤は直径19mmの円(内円は直径5.5mm)
  • ⑥は直径15mmの円

※3.5mm幅のリボンを使用

リボン刺繍のストレートステッチ

⑤は刺す順番にも工夫をしています。

リボン刺繍ストレートステッチ花刺す順序

一度8枚の花びらを刺し終えた後(黒)に、さらに8枚の花びらを一周(赤)刺します。

中央部分に厚みができるので、より立体感のある仕上がりに。

1周目と2周目でリボンの色を変えると、また違う雰囲気が出ますよ。

 

ストレートステッチ1つ練習すれば、たくさんの花が刺繍できるようになるリボン刺繍。刺しゅう糸よりも個人の手癖が強く出るので、練習しがいがありますね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください