母子家庭の間取りを大公開

母子家庭になると決めて、最初に考えるのは「住む家」のことではないでしょうか。

優先する条件・あきらめる条件は人それぞれ違いますが、離婚と同時期に悠長に家探しをする時間はありませんよね。

私も勢い半分で決めました。

 

これから母子で暮らすオウチを探そうとしている方の参考になればと思い

  • 母娘ふたり1DKに2年半暮らしてみての感想
    > 1DKに二人暮らしは狭くない?
    > 暮らしにくくない?
  • 狭い家でも快適に暮らすための家具の配置
    > 家具は何を揃えれば良い?
    > どんなインテリアにしている?

をまとめて見たいと思います!

 

母子家庭の我が家の間取りは1DK

離婚時は娘が小学2年生。

この4月から小学5年生になります。

 

私が家探しの際に、最優先したポイントは次の4つ。

  1. 2部屋以上(子供が寝た後に電気を付けて家事やリラックスの時間を持ちたい)
  2. 2階以上(女子二人なので治安を考慮して)
  3. バストイレ別
  4. 立地(小学校までの距離が遠すぎない)

この条件で家賃が予算の範囲内の物件を探したところ、1DKが限界でした。

小学校の学区を変えないという約束を娘としたので、家賃が低いエリアへの引っ越しは考えませんでした。

 

我が家の間取り

そして、選んだのはこんな間取りのオウチです。

6畳二間がひと続きになっています。

ベランダが北西向きのため、明るさは△。

築10年くらい。

 

単身者やご夫婦が多いマンションです。

 

1DK暮らしの実態

結論から言うと・・・快適に生活できています

 

あえて問題があるとすれば、次のような感じです。

子供部屋がない

成長してプライベートな空間が欲しくなると、1DKでは厳しいかもしれません。

今のところ、娘は自分の部屋は無くても大丈夫と言ってくれています。

リビングで勉強したりTVを見る機会が多い小学生の間は、子供部屋がなくても大丈夫そうです。

 

ベッドは置けない

私自身が中学生ぐらいからベッド生活だったので・・・「帰ってきてベッドに倒れ込む」が出来ないのが辛い。

 

カップルだったらセミダブルベッド一つ設置という選択もありますが、成長期真っ只中の小学生と同じベッドは厳しいです。

※寝相が悪過ぎる割に、体は結構大きい。

 

ということで、布団2組に落ち着いています。

 

モノを減らす必要大

収納家具を置くスペースは限られているので、とにかく物を減らすことが必要です。

引っ越しの時点でだいぶモノを減らしたつもりでしたが、クローゼットに入り切らず、結局更に減らしました。

子供のものは減らしづらいので、自分のものがどんどん減っていきます。

ミニマリストに興味を持つきっかけともなったので、これは良い効果かもしれません!

 

エアコン問題

エアコンがベランダ側の部屋についているため、部屋間の引き戸を閉めるとダイニング側には届きません。

娘が寝た後は、冬の夜は極寒、夏の夜は激暑のダイニングです。




1DK二人暮らしのインテリア

実際1DKにどのように家具を配置して暮らしているか公開します!

家具配置のポイントは、とにかく壁際!

中央に何もないことで、広く感じられます。

 

何度も模様替えをして、このスタイルに落ち着きました。

玄関側の扉から部屋を見回してみましょう。

続いてベランダ側から。

 

 

大半はここにいます。

食事も勉強も今は全部ここ。

オフィスみたいですよね(笑

引っ越してきた当時、この机と椅子は無く、折りたたみの座卓と座布団で生活していました。

ジベタリアンです。

 

家具を少なく保つためにはベストな選択だと思うのですが、

娘が膝を立ててご飯を食べたり、地べたで宿題をやり始めたり・・・

イライラのもとが大量発生(笑

 

この春、デスク&チェアー型へ移行しました。

 

部屋の中央に座卓&座布団があったときよりも、今のほうが部屋が広く感じます。

物理的にはものが増えたのに不思議なものです。

 

それぞれの棚は個人スペース。

好きなものを好きなように置いています。

 

1DK暮らし〜新たに購入した家具

  • 机2個
  • 棚2個
  • 布団2組
  • TV&TV代
  • IKEAのソファ(私の椅子として座布団で高さを調整して利用)

 

離婚前の家から持参したもの

  • 電子ピアノ
  • 娘椅子(ストッケのトリップトラップ)
  • 折りたたみ座卓1個&座布団2枚(座卓は来客用になりました)

 

こんな感じで、母子二人だからこそできる家具の配置

ゆったり暮らしています。

 

1DKなんて狭くて無理かも・・・

と最初は思っていましたが、掃除もラクで、快適ですよ!

 

animo

母子家庭でも、親子の城を築いて心地よい暮らしを作りましょう
あのね〜、このオウチも好きになってきたよ!

おまけ〜シングルマザーが家を借りるハードル

離婚直前に物件を探したのですが、

「離婚を理由に家探しをする」のは、不動産屋さんでイタタマレナイ感じなります。

 

「子供と二人で暮らす家を探している」というと、白い目で見られる感じ。。。

 

保証人問題も。

元夫は保証人になってくれると言っていたのですが、離婚予定の配偶者は保証人にはなれないそうです。

保証会社に頼むこととなり、余計な出費となりました。

 

次の引っ越しは娘が中学に上がるときかな?と思っていますが

この悩みはつきそうにありません。

 

母子家庭を選択したのは、前向きに生きるためです。

色々なハードルがあると思いますが、良い方向、良い暮らしが待っているはず!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください