1歳のプレゼントにはストッケのトリップトラップ!11歳でも現役です

1歳の誕生日プレゼントにはトリップトラップ

 

お子さんのはじめてのお誕生日、何をプレゼントに選べばよいか悩みますよね。

我が家は、「STOKKEのトリップ トラップ」を購入しました。

1歳だと本人の希望も無いので、親の一存です。喜んだかは不明(笑)

 

バンボに座らせて離乳食をあげていましたが、ちょうど、子供が自分で食事を食べたがるようになって来たタイミングでした。

 

 

STOKKEのトリップトラップ レッド

奮発しましたが、「長く使える良いものを」というテーマで選び、なんと11歳の今も現役で活躍しています!

 

不便もなく、頑丈で壊れないので、他のベビーチェアを使うことはありませんでした。

1歳のタイミングで購入して良かったと心底感じています。

 

10年間使い続けて感じた「STOKKEのトリップ トラップ」の良さをお伝えしたいと思います!

 

1歳はベビーセット必須

お誕生日に届いた椅子。

早速組み立てて座らせてみました。

まんざらでも無さそう、と思っているのは親だけでしょうか。

フォークを持ってご飯待ち中です。

 

付属の六角レンチだけで、女性ひとりでも組み立て可能です。

ただ、そこそこ重さがあり、ある程度組み立てるまでは不安定なので、2人で作ると安心かもしれません。

 

机に合わせて座面を上げているので、かなり高さがあります。

大人が普通に座る椅子よりも、だいぶ高い印象です。

落ちたら危ない!

 

自分で上り下り出来ない年齢では、ベビーセットが必須だと思います。

お腹周りだけでなく、するりと抜け落ちないように股にもベルトがあるので、食事の途中で眠ってしまっても安心です。

 

ベビーセットはいつまで付ける?

写真を見返してみたところ、2歳過ぎまでベビーセットをつけていました。

↑2歳の誕生日

 

「抜け出さない」「落ちない」安心感はありますが、デメリットも。

 

  • ぐずった子供をベビーセットに足から入れるのは非常に困難(暴れてのけぞる)
  • 体重が増加し、体も大きくなった子供を、毎回持ち上げて座らせる必要がある

 

身軽な運動神経の良い子だと、ベビーセットがある状態でも自分でよじ登れそうですが、高さがあるので注意が必要です。

 

足を置く板を使って比較的簡単に自分で座れるようになるので、子ども自身が上り下りできるようになったら、ベビーセットを外したほうが安全に感じます

 

クッションは必要?

ベビーのうちはクッションは不要だと考え、購入しませんでした。

絶対汚れる!と思ったのです。

手づかみ全盛期、食後は手も机も椅子も、何かと汚れます。

布物は避けたい親心。

 

就学前までは長時間椅子に座ることがないので、お尻は痛くならないと思います笑

 

トリップトラップについた食事の汚れは、濡れ布巾でササッと拭き取ればキレイに落ちますよ。

 

 

小学生になって、宿題をしたり本を読んだり、椅子に座る時間が増えました。

そうなると、背もたれに寄りかかりたいですよね。

 

我が家では背もたれクッションを自作!

市販されているものは大きめですが、背骨が当たる部分だけフワフワなら良いのでは?という考えのもと制作したクッションです。

 

娘いわく「こりゃいいわ」とのことです笑。

 




 

トリップトラップ【口コミ】10年使った感想

トリップトラップクチコミ 10年使った感想

良い点

■高さ調整しやすい

子供の成長に合わせて座面の高さ、足のせ板の高さを数センチずつ変更できます。

六角レンチで軽く片方のネジをゆるめて、座面や足のせ板を抜き、溝にはめなおすだけです。

 

いつでも机と丁度良いバランスを保てるので、ご飯を食べるのも、工作をするのも、やりやすそう。

 

■安定感抜群

乗り降りや、座っている最中に椅子が倒れたことはありません。

小さな子供の体重では倒れない重みと、床面に接地している部分が多い構造のおかげだと思います。

 

子供の頃よくやりましたが、椅子の前脚を浮かして、後脚だけでシーソーのようにバランスをとる遊び、トリップトラップはアレができません笑

横に倒れることはあっても、後ろには倒れられない仕組みです。

 

■汚れにくい・壊れない

公式サイトにも書かれていました。

汚れた場合は湿った布で汚れを拭き取るだけで、簡単にお手入れできます

子供なので、頻繁にご飯をこぼしますが、汚れた時にささっと拭き取れば跡にはなりません。

木製ですが、カビが生えたこともありません。

 

マジックやクレヨンは多少残ります(笑

気になる方は、濃いめのカラーを選んでおくと良いですね!

我が家のレッドは、汚れが気にならない方だと思います。

 

そして、10年以上使っていますが、ガタツキひとつ無いのが、さすがのトリップトラップです。

普通に使っている分にはネジが緩むことも、ほぼありません。

 

時々私も座りますが、大人が座っても問題なし。

耐荷重は110kgと聞くと安心感もありますね。

 

■オシャレ感漂う


※画像:公式サイトより

1歳のお誕生日に!と奮発して購入したトリップトラップですが、決め手の一つはその「お洒落さ」。

フォルムがシンプルで美しいのです。

10年前購入したトリップトラップと、今販売されているトリップトラップの形が同じです。長年愛されているのを改めて感じます。

 

カラーバリエーションも豊富!

確実に以前より増えています。

公式サイトを見ると、なんとも言えない深い色合いの製品が。

お子さんのイメージに合った色を選ぶのも楽しみの一つですね。

 

悪い点

■座った後に椅子の位置を調整できない

足のせ板がある&椅子が重いので、子供が座ってから椅子の位置を自分で前後に動かすことができません。

結果、手で机をもって引っ張る形になります。

ひきずります笑

 

底面にはクッションが付いているので、フローリングが傷つくことはありませんが、「椅子の位置なおしてから座って!」とつい小言が出てしまいます。

 

■値段は高め

素材によって異なりますが、椅子のみの値段は

ブナ:税込29,700円

オーク:税込40,500円

です(2019年3月現在)。

 

決して安い買い物ではありません。

 

娘が座ることを嫌がらなかった&長期間使用しているので、十分モトは取れたと思っています。

 

1歳という特別なお誕生日だからこそ、購入する気になれた特別な椅子です。

 

トリップトラップいつまで使える?

11歳、140cm強の娘、今もトリップトラップに座ってご飯を食べ、宿題をやっています。

足のせ板は取り外しました。

 

座面は一番下の溝にセットしています。棒があるので限界の高さ。

 

一般的な椅子と同じぐらいの高さです。ダイニングチェアよりは低いでしょうか?

足が地面にしっかり付いて、ぶらぶらしません。

 

よく見ると、傷もありますが、「傷つきにくい」素材だと思います。

10年使っている割にはきれいな状態ではないでしょうか。

小さな傷はあるものの、壊れる気配は全くなし。

 

このままいけば、小学校卒業までは確実に使いそうです。

その後は?

 

椅子に座る時間が長くなるほど、クッション性の無い椅子は大人にはキツイですよね。

中学生になったら、娘と相談してみます♪

 

 

成長に合わせて使えるSTOKKEのトリップトラップ、小さいうちに用意すると、より長く使えます。

 

animo

お誕生日やクリスマスなど、お子様への特別なプレゼントにおすすめです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください