布目を数えられない布にクロスステッチ、COSMOの「抜きキャンバス」を使うコツ

手作りNintendoSwitchケース

「ドット絵を刺繍したニンテンドースイッチケース」のご依頼をいただきました。

ドット絵=クロスステッチを思うかべますよね!

今回は帆布でケースを仕立てたかったので、クロスステッチ用の布や布目を比較的数えやすいリネンは使用しません。

そんなとき便利なのが、ルシアンの「抜きキャンバス」!

コスモ 抜きキャンバス

今回はこちらを使用したクロスステッチのコツをご紹介します。

 

コスモ ルシアンの「抜きキャンバス」を使ってクロスステッチ

図案づくり

クロスステッチのデザイン画は可愛らしい女の子二人組みです。

これをパターンにするため、私はSpreadSheetに色を埋めていきました。

クロスステッチのデザイン画

マス目を数えやすいし、数字を入れられるので、表計算ソフトでクロスステッチの図案を作るのはおすすめです。

 

COSMO ルシアン抜きキャンバスの内容

COSMO抜きキャンバスの内容

簡単な使い方とアルファベットのサンプル、硬めの素材でできた網目の布が入っています。

今回はこの抜きキャンバス地をつかいた大きさに切って利用します。

 

クロスステッチの目の大きさにあわせて、色々なサイズ(マス目間隔)の商品が用意されています。

品番 目数
(10cm)
目数
(1インチ)
織り方
No. 534 34目 9 count ダブル
No. 540 40目 10 count ダブル
No. 544 44目 11 count ダブル
No. 548 48目 12 count ダブル
No. 556 56目 14 count ダブル
No. 560 60目 15 count ダブル
No. 570 70目 18 count ダブル

引用 : ドヰ手芸

 

 

抜きキャンバスを布に縫い付け

布目に対して曲がらないように抜きキャンバスを置き、まち針で止めた後周囲をしつけ縫いします。

クロスステッチ中に布と抜きキャンバスがズレないように、細かく止めます。

抜きキャンバス地縫い付け

大きな図案の場合は、中央もしつけ糸をし、進んでいく途中でしつけを外すのが良いでしょう◎

 

いざクロスステッチ

抜きキャンバスにクロスステッチ

今回は10cm56目というタイプを使用しました。

これに3本取りでクロスステッチを施しています。図案にもよりますが、2本だと少しスカスカな感じになったので、3本を選択。

 

クロスステッチをする際は、×の重なりが同じになるように気をつけましょう!

 

抜きキャンバスが抜けない?!うまく抜くコツ

刺繍が終わったら、周囲のしつけ糸を外し、土台となる抜きキャンバスをぬくわけですが、これが意外と大変!

まずは簡単に抜ける周囲から。

刺繍を施していない部分は簡単に外せます。下の写真のようになにもない方向に引っ張っていくイメージです。

抜きキャンバスを抜く

刺繍が施してある部分を同じように抜こうとすると、抜けません^^;

ポイント
抜きキャンバスは2本1組になっているのですが、1本ずつ抜くことがポイント。
抜く方向は、まっすぐです!

 

意外と力が必要なので、指で挟んで抜くよりは、小さめのペンチなどを使用した方が◎

 

クロスステッチ完成

全部キャンバスを抜くと、まるで何事もなかったかのようにふっくらとしたクロスステッチが浮かび上がります。

 

帆布だけでなく、針を通すことができる布であればクロスステッチが可能になる「抜きキャンバス」。

ぜひ使ってみて下さい!

刺繍 刺しゅう布 COSMO その他の布 抜きキャンバス 【メール便可】

 

 

クロスステッチをした帆布でNintendoSwitchケース

今回プレゼント用に同じものを2つご依頼いただきました。

帆布のハンドメイドスイッチケース

 

キルト芯を挟んでフカフカにしています。
帆布のハンドメイドスイッチケース

 

内布はドットでとご依頼頂いて、ちょっと変わり種のドット布を使用しました。
帆布のハンドメイドスイッチケース

 

喜んでいただけたとのこと、とても嬉しいです^^

ご依頼ありがとうございました。

 

animoへの刺繍オーダーは本ブログのお問い合わせ欄や、InstagramのDMよりお受けしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください