ゆうパックスマホ割アプリで送料が180円お得になった!使い方手順解説

ゆうパックスマホ割アプリメリットと使い方

ハンドメイド品をお送りする際、主にレターパックを使用しているのですが、サイズの大きいものになると「ゆうパック」を使います。

可能な限り値段を抑えてお送りしたいですよね。

 

「ゆうパック」は割引制度を利用すると、通常よりもお得に送付することが出来ますが、「ゆうパックスマホ割アプリ」を使って手続きを行うと、「いつでも」基本料金よりも180円お得になるんです。

 

便利でお得な「ゆうパックスマホ割アプリ」の使い方や利用条件をご紹介します!

 

 

通常のゆうパックの割引

ゆうパックにはこれまでも3種の割引が用意されていました。

  • 持込割引 : 120円引
    「ゆうパック」を事業所(郵便局など)またはゆうパック取扱所(コンビニ含)に持ち込んだ場合、1個120円の割引。
  • 同一あて先割引 : 60円引
    「ゆうパック」を前回と同じあて先に送ると(1年以内)、 1個60円の割引。
    ※依頼主控が必要
  • 複数口割引 : 60円引
    「ゆうパック」を同じあて先に一度に2個以上送ると、1個60円の割引

ただし、複数口割引と同一あて先割引の併用不可。

 

「持込割引」+「複数口割引」または「同一あて先割引」の併用で、最大180円引きとなります。

定常的な郵送でない場合、基本的には「持込割引」の120円引きですね。

 

 

ゆうパックスマホ割アプリ

利用条件

ゆうパックスマホ割アプリを利用するには、

  • アプリのダウンロード (無料) : 事前
  • 会員登録 (無料) : 事前
  • 郵便局へ持込 (コンビニ不可)

が必要となりますが、いつでも180円引きとなるお得な方法なんです。

「複数口割引」または「同一あて先割引」は適用されないので注意して下さい。

 

さらにお得な割引もあるので、どんどん活用していきたいですね。

  • 郵便局受取割引 : 100円引
    受取場所を郵便局に指定して発送
  • 継続利用割引
    年間10個以上の発送で次の発送から10%割引

 

 

ゆうパックスマホ割のメリット

  1. 基本料金より、いつでも180円引き
  2. 事前登録のクレジット決済で、郵便局での支払い不要
    →時間短縮に!
  3. 宛名の手書き不要
    →郵便局で印字された宛名ラベルシールが出力されるので、貼り付けるだけ
  4. 受け取り場所を「自宅」「郵便局」「コンビニ」「はこぽす」から選択可能
    →受取人の住所を知らなくてもOK
  5. アプリで配送状況の確認が簡単にできる

わずらわしい郵便局での支払いや宛名書きをしなくて良いので、とても便利です。

近くに郵便局がある方には絶対オススメ!

 




 

 

ゆうパックスマホ割アプリの使い方・荷物の送り方

STEP.1
アプリダウンロード
無料アプリ「ゆうパックスマホ割アプリ」をダウンロードします。

ゆうパックスマホ割

ゆうパックスマホ割
開発元:Japan Post Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ
STEP.2
会員登録
ゆうびんIDを持っていない場合は「新規会員登録はこちら」を押します。
ゆうパックスマホ割アプリ会員登録

ゆうパックスマホ割アプリ個人情報登録

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 名前・住所

などの個人情報を登録すると「仮登録」状態になります。

登録したメールアドレスに送信されたURLをクリックすると「本登録」が完了します。

STEP.3
あて名ラベル作成
送り先の情報を登録します。

「あて名ラベル作成」を押します。

ゆうパックスマホ割ホーム画面

 

 

送付方法を選択します。

ゆうパックスマホ割アプリ送付先選択

 

直接お届け>自宅を選ぶと、

①依頼主

②お届け先

③荷物

の順に登録する画面が現れます。

 

①依頼主は、会員登録した内容が入力された状態なので、変更がなければ「次へ」を押して進んでOKです。

 

②お届け先に、名前・郵便番号・住所を入力します。

 

③荷物では

  • 予定サイズ(選択式)
  • 品名
  • 発送予定場所(郵便局選択式) ※空白可
  • 発送予定日 ※空白可
  • お届け希望日 ※空白可
  • お届け希望時間 ※空白可
  • オプション(配達完了・配送予定メールなど) ※未選択可

を順に入力していきます。
ゆうパックスマホ割アプリ荷物入力画面

 

予定サイズは間違っていても大丈夫です!実際に送付する際、郵便局の職員さんが計測します。

 

最後に「確認画面」が現れるので、登録内容に問題がなければ「登録する」を押します。

この時点では、あて名登録が終わっただけなので、

  • 必ず送らなければならない(キャンセル不可)状態
  • 修正できない状態

ではありません!

何度でも住所など修正できるので安心して下さい。

 

「登録する」を押すと支払画面へ移動することが出来ます。

ゆうパックスマホ割アプリあて名ラベル登録完了

STEP.4
支払手続き
登録した発送先、お届け先、荷物のサイズに基づいて、運賃予想額が表示されます。
ゆうパックスマホ割運賃予想

ここで「支払手続きを行う」を押しても、まだ実際にお金を支払うわけではないので安心して下さい!

決済が行われるのは、あくまで郵便局に荷物を持っていき、ラベルを印刷して荷物を預けてからです。

 

クレジットカード情報を登録する画面に移動します。

支払いに利用するクレジットカード番号を入力すると、支払手続き(準備)完了です。

 

 

ゆうパックスマホ割支払手続き完了

「2次元バーコード発行に進む」を押すと、郵便局であて名ラベルを印刷する際にかざす必要のあるQRコードが表示されます。

何度でも表示可能なので、ここでは「2次元バーコード発行に進む」を押しても押さなくても大丈夫です。

STEP.5
郵便局へ荷物を持っていく
郵便局に到着したら、あて名ラベルを印刷する機械「ゆうプリタッチ」を探しましょう。

ゆうプリタッチ

ここで、右側のスキャナーの下にスマホ画面の「2次元バーコード」をかざすと、あて名ラベルが印刷されて出てきます。

すごい速さ出てくるので少し驚きます。

 

※アプリホーム画面の「作成履歴」を押すと、支払い済みの宛名ラベルに対して、バーコードを表示することが出来ます。

 

あとは、荷物と宛名ラベルを窓口に持参すればOK!

職員さんが荷物サイズを確認し、シールを添付、控えを渡されて終了です。

この場での金銭の支払いはありません!

後に登録済みのクレジットカードで決済が行われます。

 

※「ゆうプリタッチ」が無い郵便局では、窓口でバーコードを表示して職員さんにスキャンしてもらいます。

 

以上で、荷物の発送は完了です。

アプリのホーム画面>作成履歴>発送済から、配送状況も確認することが出来ます。

いちいち問い合わせ番号を入力せずに確認できるのは助かりますね。

 




 

 

ゆうパック(日本郵政)と宅急便(クロネコヤマト)、どちらが安い?

今回は、

  • 東京→愛知
  • 80cmサイズ(3辺の長さの和がが60cmより大きい80cm以下)

のお品を送りました。

ゆうパック 宅急便
基本料金 1,080円 1,123円
持込割引適用 960円 1,023円
ゆうパックスマホ割アプリ
適用
900円
クロネコメンバー割・10%割引
+持込割引適用
911円

ゆうパック、宅急便ともに独自の追加割引制度があるため、利用制度によっては金額が逆転するかも!?

割引適用条件はそれぞれ異なるので、事前に比較をして最安値で発送しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください